ホーム>学習コーナー>労働安全衛生法施行令>第十八条の四:法第五十七条の四第一項ただし書の政令で定める場合

第十八条の四:法第五十七条の四第一項ただし書の政令で定める場合

 法第五十七条の四第一項ただし書の政令で定める場合は、同項に規定する新規化学物質(以下この条において「新規化学物質」という。)を製造し、又は輸入しようとする事業者が、厚生労働省令で定めるところにより、一の事業場における一年間の製造量又は輸入量(当該新規化学物質を製造し、及び輸入しようとする事業者にあつては、これらを合計した量)が百キログラム以下である旨の厚生労働大臣の確認を受けた場合において、その確認を受けたところに従つて当該新規化学物質を製造し、又は輸入しようとするときとする。

サイト内検索
 
外部リンク
 

【 更新日: 2011-10-22

このページの一番上に戻る