ホーム>学習コーナー>労働安全衛生法施行令>第十五条:定期に自主検査を行うべき機械等

第十五条:定期に自主検査を行うべき機械等

 法第四十五条第一項の政令で定める機械等は、次のとおりとする。

一  第十二条第一項各号に掲げる機械等、第十三条第三項第五号、第六号、第八号、第九号、第十四号から第十九号まで及び第三十号から第三十四号までに掲げる機械等、第十四条第二号から第四号までに掲げる機械等並びに前条第十号及び第十一号に掲げる機械等

二  動力により駆動されるプレス機械

三  動力により駆動されるシヤー

四  動力により駆動される遠心機械

五  化学設備(配管を除く。)及びその附属設備

六  アセチレン溶接装置及びガス集合溶接装置(これらの装置の配管のうち、地下に埋設された部分を除く。)

七  乾燥設備及びその附属設備

八  動力車及び動力により駆動される巻上げ装置で、軌条により人又は荷を運搬する用に供されるもの(鉄道営業法(明治三十三年法律第六十五号)、鉄道事業法(昭和六十一年法律第九十二号)又は軌道法(大正十年法律第七十六号)の適用を受けるものを除く。)

九  局所排気装置、プッシュプル型換気装置、除じん装置、排ガス処理装置及び排液処理装置で、厚生労働省令で定めるもの

十  特定化学設備及びその附属設備

十一  ガンマ線照射装置で、透過写真の撮影に用いられるもの

2  法第四十五条第二項の政令で定める機械等は、第十三条第三項第八号、第九号、第三十三号及び第三十四号に掲げる機械等並びに前項第二号に掲げる機械等とする。

サイト内検索
 
外部リンク
 

【 更新日: 2011-10-22

このページの一番上に戻る