ホーム>学習コーナー>労働安全衛生法施行令>第十二条:特定機械等

第十二条:特定機械等

 法第三十七条第一項の政令で定める機械等は、次に掲げる機械等(本邦の地域内で使用されないことが明らかな場合を除く。)とする。

一  ボイラー(小型ボイラー並びに船舶安全法 の適用を受ける船舶に用いられるもの及び電気事業法(昭和三十九年法律第百七十号)の適用を受けるものを除く。)

二  第一種圧力容器(小型圧力容器並びに船舶安全法 の適用を受ける船舶に用いられるもの及び電気事業法 、高圧ガス保安法 (昭和二十六年法律第二百四号)、ガス事業法 (昭和二十九年法律第五十一号)又は液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律 (昭和四十二年法律第百四十九号)の適用を受けるものを除く。)

三  つり上げ荷重が三トン以上(スタツカー式クレーンにあつては、一トン以上)のクレーン

四  つり上げ荷重が三トン以上の移動式クレーン

五  つり上げ荷重が二トン以上のデリツク

六  積載荷重(エレベーター(簡易リフト及び建設用リフトを除く。以下同じ。)、簡易リフト又は建設用リフトの構造及び材料に応じて、これらの搬器に人又は荷をのせて上昇させることができる最大の荷重をいう。以下同じ。)が一トン以上のエレベーター

七  ガイドレール(昇降路を有するものにあつては、昇降路。次条第三項第十八号において同じ。)の高さが十八メートル以上の建設用リフト(積載荷重が〇・二五トン未満のものを除く。次条第三項第十八号において同じ。)

八  ゴンドラ

2  法別表第一第二号の政令で定める圧力容器は、第一種圧力容器とする。

サイト内検索
 
外部リンク
 

【 更新日: 2011-10-22

このページの一番上に戻る