ホーム>模擬テスト>第1種衛生管理者:R1下期

第1種衛生管理者:R1下期:問1

問1

 ある製造業の事業場の労働者数及び有害業務等従事状況並びに産業医及び衛生管理者の選任の状況は、次の①~③のとおりである。この事業場の産業医及び衛生管理者の選任についての法令違反の状況に関する(1)~(5)の記述のうち、正しいものはどれか。
 ただし、産業医及び衛生管理者の選任の特例はないものとする。

① 労働者数及び有害業務等従事状況
 常時使用する労働者数は800人であり、このうち、深夜業を含む業務に常時500人が、著しく暑熱な場所における業務に常時20人が従事している。

② 産業医の選任の状況
 選任している産業医数は1人である。この産業医は、この事業場に専属の者ではないが、産業医としての法令の要件を満たしている医師である。

選択肢

1.
2.
3.
4.
5.

解答する 次の問いへ

解説

正解:1. 選任している産業医がこの事業場に専属でないことが違反である。

選択肢1(「労働安全衛生規則 第十三条:産業医の選任」第一項第二号参照)
500人以上の労働者が「深夜業を含む業務」に従事している場合には専属の産業医を選任しなければなりません。
 この問題の事業場は「深夜業を含む業務」に常時500人従事しているので、専属の産業医を選任しなければなりません。

選択肢2(「労働安全衛生規則 第七条:衛生管理者の選任」第一項第四号参照)
 常時使用する労働者が501~1000人の場合に選任する衛生管理者の人数は3人です。

選択肢3(「労働安全衛生規則 第七条:衛生管理者の選任」第一項第二号参照)
 衛生管理者を選任するときはその事業場に専属としなければなりませんが、二人以上選任するときに、衛生管理者の中に労働衛生コンサルタントがいる場合には、そのうち一人は専任にしなくても構わないと規定されています。

選択肢4(「労働安全衛生規則 第七条:衛生管理者の選任」第一項第六号参照)
 衛生工学衛生管理者免許を持つ人から衛生管理者を選ばなければならない場合は、常時500人を超える労働者がいて、有害業務に常時30人以上従事している事業場です。
 「著しく暑熱な場所における業務」はここでいう有害業務に該当しますが、常時従事している人数は20人なので衛生工学衛生管理者を衛生管理者にする必要はありません。

選択肢5(「労働安全衛生規則 第七条:衛生管理者の選任」第一項第五号参照)
 衛生管理者のうち少なくとも一人を専任にしなければならない場合は以下の通りです。
「常時1000人を超える労働者がいる事業場」
「常時500人を超える労働者がいて、有害業務に常時30人以上従事している事業場」
設問の事業場では全労働者数が800人、有害業務に従事している人数が20人なので専任の衛生管理者を選任する必要はありません。

※この解説は、当サイト独自の見解によります。この内容について、中央労働災害防止協会等の関係機関に問い合わせても、解答は得られません。

 

サイト内検索
 
外部リンク
 

【 更新日: 2020-5-18

このページの一番上に戻る