ホーム>模擬テスト>第2種衛生管理者:H28年上期

第2種衛生管理者:H28年上期:問1

問1

 衛生管理者の選任について、法令上、正しいものは次のうちどれか。
 ただし、選任の特例はないものとする。

選択肢

1.
2.
3.
4.
5.

解答する 次の問いへ

解説

正解:2. 常時使用する労働者数が1,000人を超え2,000人以下の事業場では、4人以上の衛生管理者を選任しなければならない。

労働安全衛生規則 第七条:衛生管理者の選任」にかかれています。

選択肢1は、第一項第三号イに、清掃業の場合は、第一種衛生管理者もしくは衛生工学衛生管理者から選ばないといけない旨がかかれているため、誤りです。

選択肢3は、第一項第二号によると、二人以上の衛生管理者を選任する場合は、医師、歯科医師、労働衛生コンサルタント(または厚生労働大臣が定めるもの)のうちから専任している衛生管理者がいれば、一人だけ専属でなくても構わない旨が書かれています。よって誤りです。

選択肢4は、第一項第五号によると、坑内労働または労働基準法施工規則第十八号に掲げる業務に該当する場合には、衛生管理者のうち一人を専任にしなければなりませんが、この選択肢の場合は該当しないため、専任にする必要はありません。

選択肢5は、「労働安全衛生規則 第二条:総括安全衛生管理者の選任」において、選任した場合には遅滞なく報告する旨が記されています。この規定は第七条の衛生管理者の選任の第二項において、衛生管理者にも準用することが明記されているため、誤りです。

選択肢2は、第一項第四号の表にかかれているので、正しい内容となり、この問いの正解になります。

※この解説は、当サイト独自の見解によります。この内容について、中央労働災害防止協会等の関係機関に問い合わせても、解答は得られません。

 

サイト内検索
 
外部リンク
 

【 更新日: 2016-10-10

このページの一番上に戻る