ホーム>模擬テスト>第1種衛生管理者:H22年下期

第1種衛生管理者:H22年下期:問1

問1

 常時800人の労働者を使用する製造業の事業場の有害業務及び衛生管理者の選任の状況は、次の(1)及び(2)のとおりである。
  この事業場の衛生管理者の選任についての法令違反の状況に関する1~5の記述のうち、正しいものはどれか。

(1) 有害業務の状況

 製造工程において多量の低温物体を取り扱う業務に常時30人従事しているが、他に有害業務はない。

(2) 衛生管理者の選任の状況

 選任している衛生管理者は3人である。
このうち、1人は、この事業場に専属でない労働衛生コンサルタントである。
他の2人は、この事業場に専属で、共に衛生管理者としての業務以外の業務を兼任しており、また、第一種衛生管理者免許を有しているが、衛生工学衛生管理者免許を有していない。

選択肢

1.
2.
3.
4.
5.

解答する 次の問いへ

解説

正解:5. 専任の衛生管理者が1人もいないことが違反である。

 労働安全衛生規則 第七条:衛生管理者の選任の五~六号によれば、『常時五百人を超える労働者を使用する事業場で、坑内労働又は労働基準法施行規則 (昭和二十二年厚生省令第二十三号)第十八条 各号に掲げる業務に、常時三十人以上の労働者を従事させるものは、衛生管理者のうち少なくとも一人を専任にしなければならない』と定められています。

 「専任」とは、ある1つの業務に従事することです。この問いの場合には、3人の衛生管理者を選任していますが、1人は事業場に専属ではありません。他の2人は衛生管理者以外の業務を兼任しています。つまり、専任の反意語が兼任であることからもわかるとおり、「少なくとも1人を専任にしなければならない」という要件を満たしていないことになります。したがって、選択肢の5番が答えとなります。

※この解説は、当サイト独自の見解によります。この内容について、中央労働災害防止協会等の関係機関に問い合わせても、解答は得られません。

 

サイト内検索
 
外部リンク
 

【 更新日: 2011-10-22

このページの一番上に戻る